子どもの歯並び

dentist

子供のうちに治療するメリット

小学校の高学年になる頃に、すべての歯が乳歯から永久歯に生えかわるころです。ちょうどこの時期が、矯正歯科治療を始めるのに適している時期でもあります。 子供の時期から、矯正歯科治療を始めるメリットは、比較的短い期間で費用もかからないことです。もちろん、矯正歯科治療は数年かけて治療を行いますし、高額な費用もかかります。しかし、大人になってから治療を始めると、子供に比べると大変なことが多いのです。 また、歯やあごの状態によっては、子供のうちに治療を始めないと、大人になってからでは治療ができない場合もあるので、注意が必要です。

最近の矯正歯科治療について

子供たちは、永久歯に生えかわってすぐには、むし歯になりやすいので注意が必要です。 矯正歯科器具を取り付けているので、食べ物が詰まりやすくなり、普通の歯ブラシでは上手に磨けません。ですから、矯正歯科治療中に使う専用の歯ブラシを使うようにしましょう。 矯正器具と歯の間に入り込み、汚れをかき出してくれるので上手に磨くことができます。 子供たちにとって、矯正歯科治療は大事なことなのですが、矯正器具が目立ち、友達にからかわれたり、友達の目が気になったりして嫌がる子供も多かったのですが、最近は矯正器具も透明なものがあり、目立ちません。 また、矯正器具を歯の裏側に取り付けることもできるようになったので、お勧めしたい治療方法です。