歯を白くする

teeth

きれいになれる、ホワイトニング効果

「どんな色白メイクよりもきれいになれるホワイトニング(白い歯効果)」口もとが老けた気がするのは、歯の色のせいかもしれません。口もとから白い歯が見えると肌色が白く見えることを知っていますか。歯の白さは肌のくすみをカバーする効果もあります。逆に歯が黄色いと肌まで黄色く見えてしまいます。そこで救世主になるのがホワイトニング。でも、歯が弱くなっては困ります。ホワイトニングが歯や歯ぐきに悪影響を与えることはありません。ただし、かぶせた歯は白くならないので治療とホワイトニングを一緒にするとよいでしょう。歯ぐきの黒ずみも気になりますが、残念ながら一度、黒くなったものを元の色に戻すことはできません。黒くなった部分を切開して、金属を使わずに治療をやり直すのが最善の治療法です。

歯磨き粉選びは、吟味して

「毎日のケアでトラブルを予防」定期的に歯科クリニックに通うことが大事ですが、毎日のケアはもっと重要です。日々、進化しているケアアイテム(歯磨き粉)を吟味して使いこなしましょう。1(むし歯予防にはフッ素入り歯磨き粉)歯の再石灰化を促すフッ素入りのコート剤。歯周病・むし歯菌を減らします。2(美白には研磨剤ではなくポリリン酸ナトリウムを含む歯磨き粉)歯の表面のエナメル質を健康にすることで、本来の歯の白さを引き出します。3(歯周病予防にはクロルヘキシジン)入りなど目的に合わせて選ぶようにしましょう。また、歯みがきは少量の歯磨き粉で、ていねいに磨くように心がけましょう。特に(歯と歯ぐきの境目・歯と歯の間・下の奥歯)がこすれ合う部分を念入りに磨きます。